突発性難聴 | 不眠症を治して毎日元気モリモリに|スヤスヤ眠る

突発性難聴

医師と看護師

突発性難聴の症状と特徴

突発性難聴とは、もともと耳の病気などしたことのない健康な人が、ある時突然何の前兆もなく、耳が聞こえなくなるという病気です。通常はどちらか一方の耳に難聴が起こります。はっきりした原因はわかっていません。突発性難聴は、感音難聴の一種です。感音難聴は治療困難と言われていますが、突発性難聴は正確な診断が早期にされ、適切な治療を受ければ治すことができます。 突発性難聴の受療者数は、2001年の調査によると全国でおよそ35000人と推定されています。かつては40代〜60代に多いと言われていましたが近年では若年層にも患者の増加がみられるようになってきました。発症前に疲労感を感じているケースが多いようですが、どのような人がこの病気にかかりやすいのかは不明です。

病気の原因と治療法について

突発性難聴は確実な原因が不明ですが、内耳に障害が生じることによって起こる感音難聴であるということは分かっています。何故内耳に障害が生じるのかについては現在研究段階ですが、以下に挙げる2つの説が有力です。 1つめは、ウイルス感染説です。突発性難聴の患者さんは、発症前に風邪様の症状を訴えていることが多く、ウイルスの中には高度な難聴を起こすものもあることが根拠となっています。 2つめは、内耳循環障害説です。内耳血管の出血や塞栓により難聴が起こるとする説です。 突発性難聴の治療は、ステロイドホルモンの漸減療法を血漿増量剤の点滴と組み合わせて行うのが一般的です。 この病気の治療は、とにかく早期に開始することが重要です。発症から1ヶ月程度で聴力が固定してしまい、それ以降になると聴力の回復は困難になってしまうのです。しかし、発症から48時間以内に適切な治療を開始した場合には、ほとんどの人が治癒できます。 聴力に異常を感じたら、すぐに専門機関を受診しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加