更年期障害 | 不眠症を治して毎日元気モリモリに|スヤスヤ眠る

更年期障害

看護師と患者

更年期について知っておくと良い事

更年期の症状は人それぞれで、強く出る人もいれば、軽い人もいます。 性格や、生活環境、生活習慣などの違いで、個人差があります。 更年期の症状は、排卵機能の低下による、女性ホルモンのバランスが乱れて、体調不調がおこります。高血圧になったり、高脂血症、高血糖などの症状も出るときがあります。 更年期の症状はそれ以外に、自律神経失調による、血管運動神経のほてり、のぼせ、寒気や冷えの症状があります。 そして、胸痛や息苦しさ、疲労感や頭痛、肩こり、めまいがあります。イライラや怒りっぽくなったり、意欲の低下などの症状もでてきます。 更年期は、うつの様な症状もあります。気分が落ち込んだり、情緒不安定など、うつか更年期なのか非常に見極めにくいと言われています。

症状を知ることでの予防方法

更年期かなと気になったら、月経や基礎体温、血圧などを調べてみると良いです。 月経周期が短くなったり、毎月なかったり、月経周期や量などをチェックしてみます。 基礎体温をつけてみるのも、月経の変化がわかると言えます。 更年期の症状に良い、成分もあります。 大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似ていて、イライラやのぼせなどの不調の改善に良いと言われています。 ポリフェノールは、紫外線などの外的ストレスから守ってくれます。 その他に、ビタミン類や葉酸、食物繊維など、有効な成分がたくさんあります。 更年期の不調は、ずっと続くわけではありません。体の変化に慣れるとことで、症状は楽になってきます。 毎日の生活でストレスを溜めずに、あまり考えすぎないように、症状と付き合っていくとです。

このエントリーをはてなブックマークに追加