不眠症とは | 不眠症を治して毎日元気モリモリに|スヤスヤ眠る

不眠症とは

医師と患者

不眠症の症状とその種類

不眠症とは寝つきが悪い、長く眠りが続かない、寝ているのに十分眠った気がしないなどの症状が続く事で、日中の眠気に悩まされ注意力が散漫になったり、疲れや体の不調が起こる状態をさします。日本人の約5人に1人が不眠症に罹っていると言われています。 不眠症には入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害という四つのタイプがあります。入眠困難は床についても眠りに入れず、眠るまでに時間がかかる不眠症です。中途覚醒は途中で目が覚めてしまった後に再び眠りにつけなくなってしまい、早朝覚醒は予定していた起床時間よりも早く、早朝に目が覚めた後眠れなくなります。熟睡障害は睡眠時間は十分確保しているのに熟睡感を得る事が出来ないという症状です。不眠症のタイプには以上の四種類があり、人によっては複数のタイプが同時に現れる事もあります。不眠症かもしれないと思う人は、自分が悩んでいる症状に近い不眠症が何かをまず知る事で改善に近づきます。

改善するにはどんな方法があるのか

不眠症になる原因には環境要因、身体的要因、心理的要因、生活習慣要因の四種類があります。 環境要因は時差ぼけや枕、暑さや騒音、明るさなど、寝る時の環境に関係するものです。改善方法としては、自分に合った枕を選びなおす、寝室の明るさや温度を調整したりするなどがり、比較的取り入れやすい方法と言えます。 身体的要因は年齢や頻尿、体の痒み、痛みなど体に関係している要因なので、それぞれの身体的不調を解決するために医療機関を受診するなどの方法が必要となります。 心理的要因はストレスや不安、悩みなどがあり、自分の力だけで解決出来る場合と解決が難しい場合とがあります。自分で解決出来ない時は心療内科や精神科などを受診し、専門医の診察を受けて心理的要因に対して治療します。 生活習慣要因はアルコール、ニコチン、カフェインの摂取や運動不足、薬の副作用などが挙げられます。アルコール、カフェインは就寝前に摂取しない、禁煙をする、運動を始めるなどの対策を取ると効果が出る事があります。薬の副作用に関しては、薬を処方している医師への相談が必要になります。 不眠症は様々な要因が関係している病気です。自分に当てはまるものがあるかセルフチェックしてみると改善するべき事が見えてきます。セルフチェックはインターネット上で行えるサイトがありますので、利用してみるといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加